旅行や帰省で家を空けることが多くなる年末年始。
できれば出先でテレビなんか見ずにその時しかできないことを楽しんでいただきたいですが、田舎に帰ってやることなくてひたすらテレビを見るけど、チャンネル少ないし…。みたいなことありませんか?

今回ご紹介する方法は、「スマホアプリを使って、家にある機器に遠隔でアクセスしてテレビを見る」というやり方です。この方法だと、全国どこにいてもその機器が置いてあるエリアのチャンネルを見ることができます。なんだか凄そう。でも、いたって方法はシンプルです。

それでは順を追ってご説明しますね。

nasne(ナスネ)を家に設置する

すいません、いきなりnasneというあまり聞き覚えのない単語が出てきましたが、nasneはソニーから発売されている地上/BS/110度CSのデジタル3波に対応したシングルチューナーのハードディスクレコーダーです。
この製品、「いつでも、どこでも。テレビや動画をボーダレスで楽しむ」というコンセプトになっていて、普通のハードディスクレコーダーとはちょっと違うのです。

nasneの詳細はまたどこかでご紹介するとしますが、この製品はテレビに接続するという概念はなく(可能ではあるのですが)、家に設置したらwifi経由でPCやタブレットPC・スマホ・PS4などからnasneにアクセスして使うものになります。

例えば家のテレビで見たい番組があった時、家族にテレビを占拠されてしまっていても、nasneに接続してiPadで見たい番組を見る、といったことが可能だ。

torne mobileをダウンロード

torne mobileというのはスマホ・タブレット用のアプリですが、これをインストール。
インストール後、家のwifiにnasneとスマホを接続すると、ペアリングが可能になります。

iOS版・Android版のtorne mobileがあるので、お使いのOSに合わせてダウンロードしてください。

torne™ mobile

torne™ mobile
無料
posted with アプリーチ

torne mobile

ペアリングができたら視聴を確認

ペアリングができたら実際にテレビを視聴してみましょう。
「TV」ボタンをタップして数秒程度すると番組が映るようになるはず。

ちなみに、torne mobileは視聴再生の機能は600円で購入する必要があります。(一度購入すると永久的に課金の必要はありません)

つまり600円の有料アプリのようなものですが、購入しなくても視聴テストが1分間可能(1分経つとホーム画面に戻り、再度テストが可能)なので、出先などでテストしてみて問題ないことを確認してから購入することをおすすめします。

どこでもテレビが見れる安心感

急にサーカー日本代表の試合があったことを思い出した、みたいな時に私は仕事のデスクの横でiPadで視聴するような使い方もしています。
テレビを置いてない部屋でも、ノートPCやタブレットで視聴できるという点もいいですね。

細かな点をだいぶ簡潔にまとめたり、詳細を説明出来ていない所もありますが、基本的には上のようにnasneを設置して、torne mobileとペアリングすればwifiやLTE回線が繋がっていれば全国どこにいても家のエリアのテレビ番組を見ることができるという簡単なものになります。

一度設置して、torne mobileを設定するだけで、毎月サービス料などを払う必要もなく使えるので、最初のコストだけ考慮すればかなりお得ではないでしょうか。