オシャレで高級感のある見た目のイタリアのモレスキン(Moleskine)のノート。様々な種類があり、使い勝手がよく日本でも愛用する方が増えてきました。しかしタイプの違いや、無地・罫線入り・方眼タイプなど中身も異なり、どれを選んでいいのか分からないですよね。

今回は数多くあるモレスキンのノートの中で、おすすめの選び方をご紹介したいと思います。

モレスキンとは?

イタリアのモレスキン社が販売する手帳のブランドです。歴史は古く、オリジナルのモレスキンは19世紀後半フランスのトゥールの製本業者によって手工業で作られたのが始まります。パリの文房具屋で販売され、ゴッホやピカソといった画家やヘミングウェイなどの小説家等多くの有名人が使用していました。
ただ、1986年に生産を終了。長らく入手が不可能でしたが、1998年に復刻され現在はモレスキン社によって販売されています。

種類と選び方

カバーの違いで選ぶ

モレスキンには大きく分けて2タイプのカバーがあります。

ハードカバー

簡単に曲げられないほどに強度があり、長い年月の使用でも耐えれるように作られています。オイルクロスで装丁されたカバーは、使っていくうちに味が出るのもポイント。カバーがしっかりしているので机がなくても書きやすいのもメリットです。

ソフトカバー

柔軟性のあるソフトカバーは、ハードカバーに比べて重量が軽く、携帯するのに便利です。ソフトとはいえ、それなりにしっかりとした厚手の紙で耐久性もあり、モレスキンらしい品質はもちろん保たれているのが特徴。

サイズで選ぶ

基本サイズとして、3タイプのサイズ展開があります。

Pocket(ポケット)Large(ラージ)XL(エクストララージ)の3種類で、ハードカバー・ソフトカバー共にラインナップされています。

レイアウト(中身)で選ぶ

旅の記録やスクラップブック、ビジネスでの使用など様々な用途に合わせた、プレーン(無地)ルールド(横罫線)スクエアード(方眼)ドット(ドット方眼)の4つのレイアウトがあります。

おすすめのモレスキン

モレスキンの基本のタイプや種類についてはだいたい上でご紹介した形になります。その中で自分にとって使いやすいものを選ぶことになるのですが、私がこれまでに使用してきた経験から、いくつかのおすすめのモレスキンをご紹介していきます。

クラシックノートブック

初めて買う人は、定番のスタンダードモデルがおすすめ。オイルクロスで装丁された重厚感のあるカバーは、使いづつけるほど味が出てきて愛着が湧いてきます。ハードカバーがかなり硬いため、Pocket(ポケット)サイズは少し使いにくいかもしれません。個人的にはLarge(ラージ)以上のサイズをおすすめします。

カイエ ジャーナル

柔軟で耐久性のあるカードボード製の表紙と、背表紙にのぞくステッチが特徴のジャーナルです。末尾の16ページは切り離し可能で、切り離したメモを挟めるポケットも付いているのが特徴的です。薄いノートでカラーバリエーションも豊富なので、テーマごとにノートを分けるなどに使用できるのもポイントです。

プロフェッショナル ノートブック

ビジネスに特化した、多用途で使用できるこのノートブックはキータスクやゴールをまとめるレイアウトなども含まれてます。完了したToDoリストを切り離したり、ページを索引できたり、領収書や名刺などをポケットに保存することもできます。

ヴォランジャーナル

アイデア帳のように使えるノート。全ページがミシン目で切り離し可能なので、アイデアを思いついたまま書き記して後から整理するような使い方ができます。XSサイズ(6.5cm × 10.5cm)もラインナップされています。

まとめ

モレスキンのノートはただの消耗品ではなく、生活に欠かせない情報蓄積ツールとしてずっと大事に使い続けるアイテムだと思います。スマホなどでのデータ管理と使い分けて、書く(描く)楽しみを感じながらモレスキンを愛用していきたいですね。