南部鉄器の急須?
いえいえ、遠目に見たらなんか良さげな急須のようにも見えますが、LOGOSの「ザ・ケトル」というキャンプ用の製品です。
本来は外で使うアイテムなのに、このようにキッチンに置いても違和感がない製品です。

最近キャンプやグランピングが話題ですよね。
スノーピークなど、かわいいキャンプ用品が最近は発売されていて、テントやテーブル・食器といったキャンプギアやアイテムにこだわりを持って集める方も多いと思います。でも、1年に何回キャンプに行くだろうと考えると、ちょっと購入を躊躇ってしまうことも。ならばいっそ普段でもキャンピング用品をガンガン使っちゃおうと。

日常的に使えるキャンプ用品、探せば結構あるんです。

LOGOS ザ・ケトルの特徴

この製品、一般的な寸胴タイプのケトルよりも底の面積が大きく、熱伝導率の良いアルミ製なので熱の伝わりがいいのが特徴です。
キャンプでは料理のためにお湯を沸かすのに使いますが、お家では急須がわりに使えます。

安定感があって、容量も750ml。(1.4mlのタイプもあります。)
湯飲み3杯ぐらいはいけます。

ティーバッグで淹れて、冷めても直火で温め直す

必ずしもティーバッグである必要はないんですけどね。
急須ではないので、茶葉を受ける網のようなものはないのでケトルを洗うときに楽だから、という理由だけですのでもちろん茶葉を入れてもOKです。

私はこのように用意してデスクの横に置いて仕事してます。

冷めたら火にかけて温め直す。実に効率的です。
急須じゃできないですよね。

軽くて傷つきにくい

キャンプ用品なので、耐朽性に優れています。
傷つきにくく耐久性の高いハードアルマイト加工となっています。

ハードアルマイト加工とはメッキ処理のひとつで、通常のメッキに比べ厚い皮膜で生成し、アルミニウムの柔らかさをカバーし、製品の強度が向上します。
(LOGOS 公式サイトより)

また、そのハードアルマイト加工によって風合いもいい感じに仕上がっています。

割れたりすることを気にせずラフに使えるのがいいですよね。

携帯用のメッシュバッグ付き

これもキャンプ用品なので当たり前。
メッシュバッグがついてきます。
150gととても軽くサイズもコンパクトなので携帯性に優れています。

キャンプ用品で個性を出す

今回ご紹介したケトルもそうですが、元々野外でラフに使える耐久性や持ち運びを考慮して携帯性や軽量化に重きを置いているので、家で使っても全く問題ないです。

比較的金額も安いものが多いので、低予算で個性を出せるアイテムとして優れているます。
キャンプに行くから、と慌ててアイテムを揃えなくても普段から使えるものを少しづつ集めていくのも楽しいと思います。

今後もいろいろなお家で使えるキャンプ用品を紹介していきます。